家電ガジェット

【Panasonic】電気圧力鍋SR-MP300の評価とレビューご紹介!

こんにちは!よーたです。

今回は、家電・ガジェット系紹介として、【Panasonic】電気圧力鍋SR-MP300をご紹介します。

内容としては、電気圧力鍋SR-MP300を実際に購入した際の感想を中心にご紹介をしていきたいと思います。(今回のレビューは家事家電ということもあり、妻に協力してもらいました。)

電気圧力鍋が欲しいけど本当に必要なのか悩む。と思っている方にはぜひ、ご覧になっていただければと思います。

Panasonic】電気圧力鍋SR-MP300の機能説明

圧力鍋としての機能の他、煮込み料理や無水調理も可能です。低温温度も選択することができ、調理が終わったらそのまま保温することもできます。

詳細な機能については、公式ホームページをご覧ください。

電気圧力鍋SR-MP300を買う前の生活

電気圧力鍋の購入前はガスコンロで使える圧力鍋を使用していたのですが、ガスの圧力鍋の場合、加熱している間はずっとそばにいなければいけないし、火力の調整もある程度は必要だったので、何かしながらとか別の部屋にいながら使うことはできませんでした。

また、別の料理を平行して作りたいと思っても、コンロが一つ圧力鍋で埋まってるので、残り一つのコンロで炒めたりし、汁物を作ったりと順番に使うことになりあまり効率的でないかなと思っていました。

あと、これは個人的な理由になりますが、圧力鍋の圧力が抜けるまで開けてはいけないというのは常識としてありますが、その状態が怖ったのもあります。

コンロの上に置いたままにして冷めるのを待つのですが、爆発したりしないかヒヤヒヤしながら使っていました。(爆発するということは無理やりにでも開けない限りあり得ないとは思いますが)

そのような理由もあり、電気なら別の場所に置いて使えるしどうなのかな?と気になっていました。

電気圧力鍋SR-MP300を買った理由

本当に欲しかったのは別の電気圧力鍋の商品だったのですが、値段や機能など色々な兼ね合いでこちらの製品にしました。

商品は電気屋さんに見に行ってpanasonicからも出てるということを知りました。我が家はpanasonicの製品が多いため信頼感があったのも購入の決め手になりました。

あと、たくさん機能がありすぎても使いこなせないという経験を今までたくさんしてきたので、シンプルな機能でそれなりのお値段で買える物がいいなという希望もありました。

シンプルな機能の方がそこまで説明書を読み込まなくても感覚で使えますし、説明書もついてきますが、あまり見たことはありません。

でも、レシピも載っているのでそちらは加熱時間などの参考のためによく見ています。

電気圧力鍋SR-MP300を買うまでに調べたこと

比較したサイトは特にないです。

電気屋さんに別の用事で行った時に、色々な諸事情からその日に購入した方がお得に買えるということになり、前々から欲しかったものの急遽購入することになりました。

もう少し買う前に時間があれば比較したり、別の電気屋さんも見に行きたかったなという気持ちはあります。ネットだともっと安かったりするので買う前だったら調べていたと思います。

今回は急遽買うことになったので、後からはネットの方が安かったら悔しくなるので見ませんでした。

シャトルシェフという商品や、バルミューダも候補でしたが予算に合わずに諦めました。

本当は圧力をかけた後に放置しても高温で保存でき、腐らなくてすむというものが一番欲しかったのですが、やはりお値段との兼ね合いでした。

それから使ったことがなかったので、一度使っただけであまり使用しなかったらもったいないなという思いもありました。

電気圧力鍋SR-MP300を買うのに参考にしたレビュー

購入までに調べたことでも書きましたが、急遽買うことになったので、正直ちゃんと比較することはできませんでした。

でも、狭いキッチンだと置く場所や使う場所がないので面倒になるという声は知人から聞いていました。我が家も賃貸の狭いキッチンなので、若干不安はありました。

電気圧力鍋SR-MP300のメリット及び感想

実際使ってみて、やはり便利だなと思っています。

炊飯器で色々なものを作るのが今流行っていたりしますが、それがそのままこちらの電気圧力鍋でできます。炊飯器で料理を作ってしまうと、料理の匂いがお米を炊くときにも残ってしまったりしてあまり良くないなと思っていました。

あと面倒な時間のかかる煮込み料理を作ることが増えました。特に寒い時はおでんの大根なんかもしょっちゅう作りました。

夏はあまり使わなくなりますが、ご飯を作るのが面倒な時は圧力鍋に材料を全部適当に入れて柔らかくした物一品で済ませられたりしています。

その間出かけてても大丈夫なので便利だなと感じています。

電気圧力鍋SR-MP300のデメリット及び感想

デメリットは置く場所に困ったことです。

本当はキッチンに置いているダイニングテーブルの上において使用したかったのですが、コードが微妙に短くキッチンのコンセントまで届きませんでした。

仕方なく隣のキッチンボードに置いていますが、その場合トースターをどかさなければ使えないので若干面倒に感じています。

でも、これは広いキッチンをお持ちの人なら関係ないデメリットです。

後、匂いの強い料理を作った後は洗っても圧力鍋の中に匂いが残る時があります。カレー粉を使った後はしばらくカレーの匂いの鍋になってしまいました。

お掃除は難しくなりですが、蓋の一部が洗いずらい部分があります。

電気圧力鍋SR-MP300を買ってよかったこと

いつも夕方子供が遊んでる間に夕飯の支度をしたりしていましたが、その時に外で遊びたいと言われてもできませんでした。

その場合、料理をいったんやめて外に行くか、外で遊ぶのを諦めてもらうしかありませんでした。でも、電気圧力鍋だったらセットしてボタンを押したらそのまま放置して出かけられるので、外に遊びに行くことができるようになりました。帰ってきてすぐご飯にもできるので時短になるなと思いました。

作ってる間に子供たちをお風呂に入れたりもできるので、料理しながら別のことができる点がいいなと思います。

もちろん、時間のかかる煮込み料理も数分で終わるのでガス代の節約にもなると思いました。今まで作ったことのなかった手間のかかりそうな角煮などの料理も気軽にトライすることができています。

味の濃さなどは一度作ってみないとわからないので、やってみて二回目から調整したりしています。

電気圧力鍋SR-MP300をおすすめできる人

私と同じような小さな子供を持つ人におすすめしたいです。

なぜなら、料理だけに集中できる時間が本当にないからです。

作ってる間にこっち来てとか遊びたいとか色々言われても、下準備だけ終わらせてしまえば対応できるからです。火加減の調整もなく完成してくれるので火事の心配もないです。

最初は容量が小さかったかなと思いましたが、4人家族でも十分使えています。
置く場所があって煮込み料理をよくやる人はすぐにでも買った方が良いと思います。

ガスの圧力鍋の出番がだいぶ減りましたが、カレーなど匂いの強い料理や、量の多い物を作るときはガスの圧力鍋と使い分けています。

筑前煮は普通に作るよりもこちらの圧力鍋で作った方がすごく味が沁みておいしかったので、何度も作っています。

他にも色々作ってみてどんな料理が電気圧力鍋で作るのに適しているのか研究したいと思っています。